読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリームソーダ浴びたい

インターネットに恩返し

会長、お財布拾ってくれてありがとう

今朝、家から駅までの3分間の間に財布を落とした。

確かにデニムのお尻ポッケにお財布をいれて家を出て、改札の前に来た時にはなかった。 慌てて来た道を戻って部屋までみたけどない。 来た道にあるコンビニや本屋さんに声かけてみるけどない。 駅にもない。管理人さんに聞いてみたけどマンション共有部にもない。

家から駅までの間にはパチンコ屋があって、毎朝オープンをまちわびたパチンカーが大げさじゃなく30人以上いる。 ひどいけど、あぁパチンカーに拾われた。終わった。。と思った。

とりあえずカードを止めて交番へ。 遺失物届をだしてふとスマホをみるとslackでDMが。 労務の方から「お財布が◯◯敬老会館に届いているそうです」

え!!どういうルートで労務の方に?!と思いつつ見つかって興奮!お巡りさんにも挨拶して敬老会館に電話して向かった。

区が運営する敬老会館に行こうとしたおばあさんが拾って、敬老会館に届けてくれたらしい。 敬老会館の人が中にあった保険証をみてIT健保に連絡してそこから会社に連絡が来たらしい。 ありがたすぎる。 中に入るとおばちゃん達が「あ〜〜〜!!!よかったわねぇ〜〜!!」って出迎えてくれて「上に拾ってくれたおばあちゃんいるから挨拶していきなさい〜〜」と言われて会館の二階へ。 扉をあけると浴衣をきて何かをお稽古しているおばあちゃんたちが。 「◯◯さん〜〜!お財布の子が来ましたよ〜〜!!」「まぁ〜〜!!あなた!よかったわねぇ〜〜!いや〜ほんと、ここに来る途中....〜〜〜〜!!」って色々話してくれた。

圧倒的感謝すぎる。 敬老会の会長らしい。会長ありがとう。

帰り際、受付のおばちゃんに「いい人に拾ってもらってよかったわね!60歳過ぎたらここに来てね!」と言われた。「絶対来ますね!」といって後にした。

おばあちゃんありがとう。