読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

クリームソーダ浴びたい

インターネットに恩返し

「コラボ画」という文化

Twitter

最近の10代の子たち(←私のババア感すごい)の文化や考えって、もうわかんないんすわ。触れ合う機会ないし。Twitterやったって女子高生とかフォローしないし。

テレビも一番無害そうという理由で数ある朝の番組から選んだモーニングバードくらいしかみないし。

でもここ最近、仕事で中高生と触れ合う機会が増えたんだな。ネット上で。

で、そこで知ったんだけど、「コラボ画」っていうんですか。みんなやってるんですね。

主にTwitter?これ常識なの?私最初みたとき衝撃だったけど。

自撮り写メ(←この写メって表現に年齢を感じる)をアップして

とかタグつける。

で、RTしてくれた知らない人(フォロワー?)の自撮りと一緒に画像加工アプリで

1枚の画像にして、またアップする。

…いやこれ何が楽しいの?

コラボ画する理由をいくつか考えてみた。

・かわいい(かっこいい)自分の顔をみんなに見てほしい

・あと、えっと

・うーんと

それしかねぇ!!!!!!!

自己承認欲求を満たしたいけど自撮りアップだけはさすがにキモいみたいな繊細なきもちをwinwinの関係で理由つけて消化できるのがコラボ画なんかね。

あとは、嵐が好き同士!とかあのV系バンドが好き同士!とかそういう共通の好きなものを通じて出会った人たちと「私達仲間だよね」と確認できるのかな。

Twitter上で何往復返信しあうよりも、顔写真と顔写真っていうわかりやすいまさにアイコンでドン!!と出すほうがいいっていうコミュニケーションなんかね。

新しいコミュニケーションや。

でも誰でもいいから誰かとつながりたい!みたいな気持ちはいつの時代もあったと思うし私も雑誌の読者投稿欄の友達募集でペンフレンド募集!みたいの応募したことあるし...うん。そういえば私が中学生の頃とかはそこに「プリ同封★」とかあったもんな。

変わんないか。

 

気になった人はコラボ画でTwitter検索してみてください。山盛りでてきます。

そして、最後にどうでもいいけど最近の子らは、みんなマスクして写真撮るんだよね。

せっかく写真撮るのに。もう今の子は写真に対して「せっかく」なんてない世代か。

そこについてはまた今度書きます。